おはようございます!
富山県射水市小杉を中心に、人と住まいを結ぶ不動産屋 株式会社リボンの米山勝規です(*^_^*)


昨日は
銀行打ち合わせ
土地お引き渡し(高岡市内)
土地売買打ち合わせ(富山市内)
リボンセミナー打ち合わせ
娘のために病院へ走る
でした。
 

実のところ、昨日の夕方以降は私ごとで、3つの予定をキャンセルさせていただきました。大変ご迷惑をおかけしております。
 
 うちの3歳の娘はなかなか敏感なようで、たまーに病院沙汰になります。
今回は大事には至っていないので一安心ですが。


恥ずかしながら、振り返ればほぼ必ずと言っていいほど、
親が忙しい(特に僕がなかなか帰ってこない時期)
親が喧嘩している
というような絶妙なタイミングでそうなります。
 
つまり、
親の心の状態が雑然としていて慌ただしく落ち着きがない状態 
のタイミングと言い換えることができるかもしれません。


「子は親の心を実演する名優である」
と教えていただいたことがあります。


今現在の心の状態が反映されたり、時には行動もほぼそのまま反映することだってあるそうです。
うちの場合は、病気や事故でその状態を教えてもらうことが多いです。
そうやって親の過剰な行動を止めたり、両親の心をひとつにまとめようとするそうです。

理屈ではおそらく、母と子はかなりの密度で繋がっていますから、影響を強く受けます。
母は父の影響を強く受けます。
父は自分の状態を常に良い状態にしておく必要があります。
父親の家庭での1番の仕事は母親を笑顔にすることだそうです。

もっと言うと、「子供が子供が」と言い訳をする大人がいますが、それは本来大人の責任です。
その言い訳をすると世間さまは許してくれる可能性が上がりますが、結局のところ日々の間違った行動の積み重ねが、その現実を招いている可能性が高い(全く別の意味で現象が起こる場合もあるので一概に言えませんが、今回のうちの件はおそらく前者)。

そんなことは分かってはいるんです。けど、そんな状態にならないように行動を変えたり控えたりという簡単なことが出来ていないということは「分かっていない」のです。



んーー、修行が足りません。というか、人生というのはそういう修行なのでしょうね。
子供にはいつもいろんなことを教えてもらっています。

仕事も家庭も楽しく喜んで関わっていけるよう、精進していきます! 
仕事も家庭もどちらも「働き」であるということを忘れてはいけませんね。


ということで、 本日も喜んで進んで働きます♫