おはようございます!
富山県射水市小杉エリアを中心に、人と住まいを結ぶ不動産屋 株式会社リボンの米山勝規です(*^_^*)


昨日は
土地建物売却ご相談(射水市内)
土地売却ご依頼(高岡市内)
土地売却ご相談(南砺市内)
土地建物のリフォーム打ち合わせ(砺波、高岡市内)
射水青年会議所次年度役員の発表
でした!


最近、売却のご相談が多くなってまいりました。
どうやらお盆を経てご親族と色々と話す機会が増えて、これを機に、とご相談されるということがあるそうです。

不動産はほうっておいても動きません。
だから「不動」産なんですよね^_^

そして、なかなかどうして、不動産の利活用(売却も含め)というのは腰の重くなる話でして、「よし、動くか!」と思った勢いのあるタイミングじゃないと動けない。

重い腰を上げていただき、勇気を出して、訪ねて来られる(電話やメールも含め)希少な機会だと分かっているからこそ、我々不動産業の人間としては全力で想いを汲み取る義務があると思っています^_^


そのため、応対の際は時間をかけて主に以下の点を伝えさせていただいています。


《売却のステップ》
①現地確認、役所調査等を経て価格と条件を決める
⇨後日詳しいご説明をさせていただきます。
②決めた価格と条件で不動産会社に委任するための「媒介契約書」を取り交わす
③弊社にて問い合わせに対応
④申込者がいた場合にすぐさまご連絡する
⑤ご契約(条件の再整理)
⑥お引き渡し(それまでに契約で決めたことを行なう)

《不動産会社がやること》
・目につくように看板立てます(立てないことも可)
・業者間の見積もり手配や取り次ぎやります
登記関係(土地家屋調査士、司法書士)、上下水道の工事やリフォーム、解体、残置物の撤去、除草など
・契約関係の書類作成します
(合計20ページの必須書類と50〜100枚程度の添付資料)

《不動産会社が基本的にやらないこと》
よくある勘違いを元に、オプション的な位置付けの事柄の案内
・現地の管理(草刈りや掃除、除雪など)
・税金関係の納税計算や具体的な作業のお手伝い(一般的なアドバイスならOKです。とても難しいという理由の他に、税理士法による法的制限があるためです)⇨税務署または税理士さんご紹介します



こう考えると、不動産を動かす際はかなりの人が動くことがわかります。
多くの業者さんに助けられながら、色々と教えていただきながら、ようやく成立する業界でもあります。

多くの関係者が介在するからこそ、事実関係の整理はもちろん、感情の流れなどにも気を向けながら行なっていく重要なポジションだと心得て、日々過ごしていきます。


さて、本日も喜んで進んで働きます♪